ANAじゃなくてJALで陸マイラー ~not ANA but JAL~

ANAに比べると少し貯めにくいJALマイルも工夫をすれば年間10万マイル以上貯められる様になります。 ポイントサイトやクレジットカードの話を中心にJALマイルの貯め方を発信しています。

陸マイラーを目指すきっかけとなった楽天ブラックカード

楽天ブラックカード

私が陸マイラーになってマイルをためようと思ったきっかけは、クレジットカード会社の楽天カードから「楽天ブラックカード」のインビテーションが届いた事から始まりました。随分と関係の無さそうなところから話が始まるな、と思われるでしょうが、そこから紆余曲折を経て陸マイラーにたどり着いたのです。

それまでの私はなんとなくクレカを使う人

それまでの私は、楽天カードを使って楽天ポイントをためて使うスタイルでした。それがおトクだと考えていたし、実際、楽天カードのポイント還元はかなり高いものだと思いますので満足していました。特にクレカに興味もなかったし。

楽天ブラックカード」のインビテーションが届き、クレカに目覚める

 ある日、そんな私の元に「楽天ブラックカード」のインビテーションが届きます。「楽天ブラックカード」とはなんぞ?から始まり、それをきっかけに色々と調べるうちにクレカに興味が湧いてきます。

 それまでの私は、クレカに年会費を払うことなんて考えもしませんでしたが、年会費がかかる代わりに付帯サービスが充実したクレカがあることや、クレカ会社からのインビテーションを受けないと取得することが出来ない取得難易度の高いクレカがあることなどを知り、ますますクレカに対する興味は高まります。ついでに少しはステイタスを感じられるクレカを持ちたいという見栄も芽生えましたw

ステイタスに憧れてゴールドカードを取得

楽天ブラックカードは年会費が3万円ですが、初年度は無料だったので申込をしました。無料とは言え、いわゆるプラチナカードを持った事でステイタスを感じ、完全に浮かれてましたw

でも、さすがに年会費3万円は高いので、自分でも持てる範囲で少しでもステイタス性を感じられるクレカを検討し、あるプロパーゴールドカードも取得しました。そして、さらに上位のカードを取得するために修行に励んでインビテーションを受けることが一つの目標となったのです。

海外旅行や飛行機に乗る機会が増え価値観が変わる

ちょうどその頃、家族で海外旅行に行く機会があったり、大学生の娘が海外旅行に行く機会が増えたりと生活面での変化があり、どうせ年会費を払うクレカを持つなら海外旅行で役にたつ付帯サービスが充実したクレカを持ちたいと考えるようになります。この辺りで私の中でクレカと海外旅行が関連付いてきたと思います。

もちろん私は富裕層ではありませんので、クレカのポイントによる還元率も大いに気になります。海外旅行や飛行機に対する意識が高まる中で、クレカのことを調べて行くと、マイルをためて特典航空券をゲットすると還元率が高いということが気になりだします。そうこうしているうちに、すっかりクレカに対するステイタス性とかの興味も薄れ、今持っているゴールドカードや目指している上位カードにどんな意味があるのか?と思うようになったのです。

そんなことよりもマイルをためて家族で海外旅行に行った方が楽しいぞ!!!

そんな目的があれば、マイルをためる過程も楽しめるに違いない。

となった訳です。まぁ、「飽きっぽいんじゃないの?」と言われてしまえばそれまでですが、こんな感じで私は陸マイラーになったのです。

 

<関連記事>
マイルをためるならANAにするべきか?JALにするべきか?どっちが良いの?
陸マイラーで大量のJALマイルを貯める方法
陸マイラーが持つべきJALマイルがザクザク貯まるクレジットカード
JAL陸マイラーが登録すべき交換率が高いポイントサイト