ANAじゃなくてJALで陸マイラー ~not ANA but JAL~

ANAに比べると少し貯めにくいJALマイルも工夫をすれば年間10万マイル以上貯められる様になります。 ポイントサイトやクレジットカードの話を中心にJALマイルの貯め方を発信しています。

【2017年5月】Google AdSenseに、準備期間が19日、12記事、審査が2時間で完了して合格した話。

Google AdSenseに、準備期間が19日、12記事、審査が2時間で完了して合格した話。

先の記事で速報を書きましたが、この度、Google AdSenseの審査に合格することができました!

ブログを始めようと考えた時からGoogle AdSenseのライセンス取得を計画していたのですが、ブログを2月に開設してから約3ヶ月での合格となりました。

しかも、申請から合格メールが来るまでに要した時間がたったの2時間というスピード合格です。このスピード合格には、私自身が一番驚いています。

ネットでは、多くの人が審査通過の体験談や、審査に合格するための情報や指南を提供してくれています。
私もその情報に助けられましたが、その一方で、ネットで言われているほど準備に手間をかけずに合格する事ができたので、その体験を共有したいという思いがあります。

この記事は、Google AdSenseに合格するための指南などという大したものではありません。
私が申請に向けて準備をしたことや、合格するまでの流れなど紹介することで、あくまで一つの実例として、これから申請をされる方のご参考になれればと思っています。

【目次】

スポンサーリンク

別のブログを作成して申請した理由

今回、Google AdSenseに申請するにあたり、メインブログである当ブログで申請するのではなく、別のブログを作成して申請する方法を採りました。

別のブログで申請することにした理由は、次の2つです。

  1. Googleのコンテンツポリシーに反する記事があるかを確認するのが面倒
  2. はてなブログのドメインパワーにあやかり続けたかった

Google AdSenseの審査に合格するためには、ブログに掲載されている記事の内容がGoogleのコンテンツポリシーに沿ったものである必要があります。
Googleのサイトに記載されている禁止コンテンツに抵触していないことはもちろんのこと、ネットでは「写真の掲載は無い方が良い」とか「他サイトへ誘導するリンクは無い方が良い」とか「ポイントサイトを紹介、誘導する記事はNG」など、色々と気をつけるべき情報が錯綜しているので、それらを心配するなら、新しく申請用のブログを作成した方が早いと考えてのことです。

2つ目の理由は、ブログのドメインにまつわる話ですが、この2つ目の理由が主たる理由でもあります。

Google AdSenseに申請するには、独自ドメインのサイトである必要があります。
当ブログは、はてなブログを利用していますので、はてなブログのサブドメインになっています。
はてなブログの場合、PROにアップグレードすれば独自ドメインで運営することはできるのですが、独自ドメインにした場合のアクセス数に対する影響が気になりました。

はてなブログはSEOに強いと言われており、ドメインパワーも強いので、初めて間もないブログでもそれなりのアクセスを得ることができます。
ブログを開設する際に、私がはてなブログを選んだ大きな理由でもあります。

ドメインパワーが強いと、検索エンジンで検索結果の上位に表示されやすいと言われています。
検索エンジンは、サイトを巡回しながらドメインの信頼性を評価していて、その信頼性が高まる=ドメインパワーが強くなる、ということです。
ドメインパワーが強くなる=検索エンジンからの信頼が高まると何が起こるかというと、例えば、ドメインが違う2つのサイトが、同じ内容の記事を掲載している場合、ドメインパワーが強い方が検索結果の上位に表示されます。
すなわち、検索からの流入に大きく影響すると考えられます。

自分のドメインのドメインパワーがどのくらいなのかは、この「MOZ」というサイトで簡単に調べることができます。

Open Site Explorer: Link Research & Backlink Checker | Moz

リンクを開くと、この様なページになります。

ドメインパワーを調べる

URLの欄に調べたいURLを入力して、Searchボタンを押すと、結果がでます。
次の3つのURLで調べてみると、

  1. はてなブログのトップページ
  2. 当ブログのトップページ
  3. 申請用に作成した独自ドメイン

はてなブログのトップページ

左の「DOMAIN AUTHORITY」がドメインパワーで、数値が高いほど強くなります。
はてなブログのトップページのドメインパワーは100点満点中の85点で、さすが、とても高いです。

当ブログのドメインパワー

次が、当ブログのドメインパワーですが、思っていた以上に数値が高くて驚きです。
これが、はてなブログのサブドメインになっている効果です。

独自ドメインのドメインパワー

最後に、申請用ブログの独自ドメインです。「1」です。
開設して間もないので、そんなものでしょう。

当たり前のことではありますが、独自ドメインに移行すると、はてなブログのドメインパワーの恩恵が受けられなくなります。独自ドメインに変更した後に、アクセス数が減少したと書かれているブログ記事もいくつか読ませてもらいました。

既に多くのアクセス数を安定して得られるまでに成長したブログであれば、独自ドメインに移行しても一時的な影響で済むかも知れませんが、当ブログは開設して3か月のアクセス数が微々たる数しか無い弱小ブログなので、もうしばらくは、はてなブログのドメインパワーの恩恵にあやかりたいのです。

この様な理由から、別ブログを作成して審査申請をすることにしました。

準備から合格までの流れ

私が実際に行った、Google AdSenseの申請に向けての準備から合格までの流れを時系列にまとめると、次の通りです。

4月25日 申請用のブログを立ち上げ
この期間に12記事を作成して更新
5月13日 20:00頃に申請
  申請直後に、申請画面に表示された審査用コードをブログに設置
  22:00頃に合格メールを受信

申請用の別ブログを立ち上げたのが4月25日でした。

その後、申請をした5月13日までの19日間が申請に向けた準備期間となります。
この期間に12の記事をアップしています。

そして、5月13日の夜8時頃に申請を行い、その2時間後となる10時頃にGoogleからの合格メールを受信しました。

現時点の審査申請の流れは、ネットで言われているものとは違っていました。

ネット上で良く言われている、一次審査、二次審査といった段階は無く、必要事項を入力して申請を済ませると直ぐに審査用のコードが提示されて、それをブログに設置すると審査が開始されます。

申請用のブログについて

申請用のブログは、「はてなブログ」ではなく「seesaaブログ」を利用して作成しました。

seesaaブログにした理由は、次の2つです。

  1. 無料ブログで広告を掲載することができる
  2. 無料ブログで独自ドメインを使える

独自ドメインは、「お名前.com」で登録しました。
ネットでは、「.xyzは審査に通りにくい、.comや.jpが良い」という情報を目にしましたが、私は.xyzにしました。
.xyzにした理由は、「安いから」です。1年間で32円の登録料で済みました。

お名前.comは、ハピタスを使えばドメイン登録で60ポイントもらえるので、実質タダです。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

私が実際に作成した申請用のブログの概要は、次の通りです。

ブログサービス seesaa
ブログのジャンル 暮らしに関わる雑記
独自ドメイン .xyz
申請時の記事数 12記事
記事内の写真掲載 なし
記事内の他サイトへのリンク なし
1記事あたりの文字数 800~2,000文字(平均1,200文字)
グローバルメニュー あり
パンくずリスト あり
カテゴリー あり
プライバシーポリシー あり
問い合わせフォーム あり
Google Analytics なし
Google Search Console なし
PV数 平均20PV/日

ご覧いただいてお分かりの通り、私の申請用ブログは、ネットで良く言われている「合格のために必要なもの」をすべて備えたものではありません。

記事の内容は、普段の暮らしに関する雑記で、節約の話や家電の話、DIY的な話など、日々の暮らしでの出来事を綴った記事です。日記の様なものはダメで、読む人にとって有益なものじゃないと審査が通らない、と言う情報も良く目にしますが、あまり関係が無いのかも知れません。内容よりも文字数が重要なのではないかと思います。

Google AnalyticsとGoogle Search Consoleにも登録していません。

PVについては、すでにネット上でも審査には関係無さそうとの声が多数派のようですが、その通りで、審査には関係が無いと思われます。

この程度のブログでも審査に合格するケースがあるという事です。

申請用ブログを作成するにあたって気をつけたこと

申請用のブログを作成するにあたっては、ネット上の色々な情報を読み漁り、次の点に注意して作成しました。

記事について

申請をした時点での記事数は12記事ですが、一度にアップするのではなく、1記事ずつ別の日に更新しています。
審査中にも2,3日に一度くらいのペースで記事をアップしようと考えていましたが、2時間で審査が完了したので、その必要はありませんでした。

1記事あたりの文字数は、1,000文字以上になるように作成しました。
短いものは800文字程度、長いのもだと2,000文字を超えている記事もありますが、平均すると1,200文字程度です。

記事内の写真は無い方が良いという情報が多かったで、記事には写真を一切入れていません。写真は著作権の問題などがありそうなので、無い方が無難と考えました。
12記事の全てがテキストだけの記事です。

グローバルメニューなどのUI系

グローバルメニュー、パンくずリスト、問合せフォーム、は読者の利便性を考慮して備えた方が良いとの指南が多かったので、それらは全部用意しました。
Googleは、この辺のユーザー利便性に対するこだわりは強いだろう、という私見から準備することにしました。

プライバシーポリシーの表記

Google AdSenseの利用規約で、広告表示をするサイトにはプライバシーポリシーの表記が義務付けられているので準備しました。
申請段階で必要なのかは分かりませんが、合格した際には必須になるので、私は申請段階で準備しました。

Google AdSenseの審査はそんなに厳しくないのかも?!

ここで紹介した、私が実際に行った準備や申請用ブログの概要をご覧いただいてお分かりかと思いますが、ネットで言われるような「合格に必要なこと」は、全てが必要なものでは無いのかも知れません。
意外と簡単な準備でも合格できるケースがあるということです。

ブログをやる目的は人それぞれだと思いますが、ブログをやるなら少しでも収益性を確保したいと考える人が多いかと思います。
どうせやるなら少しでも早く実現した方がいいですよね。早ければ早いほど収益を得るチャンス(期間)が増えますからね。

さっそく、当ブログにGoogle AdSenseの広告を掲示してますが、こんな弱小ブログでも、ほんの少しではありますが、収益が発生しています。(もちろん、お支払い頂ける額にはほど遠いレベルですけど)

私も、Google AdSenseに合格するのはとても大変なことなのだろう、と思っていました。
頭でっかちになっていて、もう少しブログのPVが増えてから申請するのが良いだろうと考えていましたが、今回、思い切って申請して本当に良かったです。

Google AdSenseの審査は、実はそんなに厳しくないのかも知れません。

最近は、審査の手順などが頻繁に変わっているとも聞きますので、たまたま、今は審査が緩くなっているだけなのかも知れませんが、こんなに簡単に合格するケースもありますので、申請を検討している方は、思い切って申請してみるのが良いと思います。

今後は、せっかく取得したGoogle AdSenseを活かせるように、ブログの真髄であるPVを増やせる記事作りに精進していくつもりです。

スポンサーリンク