ANAじゃなくてJALで陸マイラー ~not ANA but JAL~

ANAに比べると少し貯めにくいJALマイルも工夫をすれば年間10万マイル以上貯められる様になります。 ポイントサイトやクレジットカードの話を中心にJALマイルの貯め方を発信しています。

【モッピー vs ちょびリッチ】JALマイルを貯めるならどちらのキャンペーンがお得か?

JALマイルを貯めるならどちらのキャンペーンがお得か?

本日から始まったモッピーのドリームキャンペーンは、JALマイルを貯めているJAL陸マイラーにとっては嬉しいビッグキャンペーンです。

様々なブログで取り上げられており、とても盛り上がっていますね!

そんな中、ちょびリッチのJALマイル交換増量キャンペーンの期間も延長され、しかも、6月1日からは増量されるポイントが40%に大幅アップとなる朗報が届きました!

先日、当ブログで記事にした際に、「増量アップしないかな」と期待していたので、この増量アップは本当に嬉しいお知らせです。

なんだかJALマイルにとても良い風が吹き始めていて、JALマイルをメインに貯めている私はとてもワクワクして来ました!

こんな嬉しいキャンペーンが同時に2つも実施されるのは、とても喜ばしいことですが、こうなると、「どちらのキャンペーンがお得なのか?」が気になりますよね。

さっそく、どちらがお得なのかを比較してみましょう。

【目次】

キャンペーン概要を確認

まずは、それぞれのキャンペーン概要を確認しておきましょう。

ちょびリッチのJALマイル交換増量キャンペーン

ちょびリッチのJALマイル交換増量キャンペーン

キャンペーン期間:2017年6月1日(木)~ 2017年6月30日(金)

  •  キャンペーン期間中にちょびリッチのポイントをJALマイルに交換すると、40%増量で交換できる。
    • 通常レート:800ポイント → 200マイル
    • 特別レート:800ポイント → 280マイル
  • 交換時は、通常の交換レートでの交換になるが、実際のマイルの加算時に40%増量して加算される。
  • 40%増量の対象は、お一人様につき、6万ちょびpt(3万円分)までが上限。
  • JALマイルへの交換は、800ちょびポイント以上400ちょびポイント単位。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

モッピーのドリームキャンペーン

モッピーのドリームキャンペーン

キャンペーン期間:2017年6月1日(木)〜2017年8月31日(木)

  • キャンペーン期間中、通常3P=1マイルのJALのマイルへの交換が2P=1マイルで交換できる。
  • また、期間中に12,000Pの交換申請をして、交換承認がされると4,500Pの特別ボーナス(スカイサマーボーナス)が付与される。
  • キャンペーン期間中は、以下4種類の交換ポイントでの交換となる。
    • 1,000P ⇒ 500マイル
    • 3,000P ⇒ 1,500マイル
    • 6,000P ⇒ 3,000マイル
    • 12,000P ⇒ 6,000マイル +【4,500Pスカイサマーボーナス】
  • スカイサマーボーナスは、12,000P交換承認後、一週間程度で付与される。
  • スカイサマーボーナスは期間中、12,000P交換に対して何度でも受け取ることができる。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

キャンペーンでのJALマイル交換率

それぞれのキャンペーンでポイントをJALマイルに交換した場合の交換率を比べてみましょう。

モッピーのドリームキャンペーンでスカイサマーボーナスの付与対象となる12,000ポイントを基準にして、それぞれの交換率を計算しています。

ちょびリッチのポイントは、1P=0.5円なので、その点、ご注意ください。

ちょびリッチキャンペーンの交換率は70%

ちょびリッチのキャンペーンで24,000ポイント(12,000円相当)を交換すると、次の通りです。

24,000P(12,000円相当)→ 8,400マイル

となりますので、交換率は70%です。

モッピーキャンペーンの交換率は交換するポイント数で変化する

モッピーのドリームキャンペーンでの交換率は少し複雑です。

12,000ポイントを交換すると付与されるスカイサマーボーナス(4,500ポイント)を次の12,000ポイント交換に回せるかどうかで交換率が変わるので、12,000ポイントと27,000ポイントの2つのケースで計算しています。

12,000ポイントを交換した場合は69.5%

まずは、12,000ポイントを交換した場合を計算してみましょう。
このケースは、スカイサマーボーナスを次の12,000ポイント交換に回せない場合、になります。 

12,000Pを1回交換して6,000マイル

1回交換に対するスカイサマーボーナスが4,500P
4,500Pをドットマネールートで交換して2,340マイル

合計で8,340マイルとなり、交換率は69.5%です。

※スカイサマーボーナスの4,500Pは、モッピーから直接JALマイルに交換(50%)するよりも、いつも通り、ドットマネールートで交換(52%)した方がお得なので、それで計算しています。

27,000ポイントを交換した場合は75.3%

次に、27,000ポイントを交換した場合を計算してみます。
このケースは、スカイサマーボーナスを次の12,000ポイント交換に回せる場合、になります。

12,000Pを2回交換(24,000P)して6,000マイル×2=12,000マイルと余り3,000P

2回交換に対するスカイサマーボーナスが4,500P×2=9,000P
12,000P(3,000P+9,000P)を1回交換して6,000マイル

1回交換に対するスカイサマーボーナスが4,500P
4,500Pをドットマネールートで交換して2,340マイル

合計で20,340マイルとなり、交換率は75.3%です。

27,000ポイント以上ならモッピーがお得

モッピーのドリームキャンペーンは、スカイサマーボーナスを次の12,000ポイント交換に使えるケースでお得になります。

つまり、スカイサマーボーナスを2回以上受け取れるケースでちょびリッチの交換率(70%)よりもお得になります。

スカイサマーボーナスを2回以上受け取るには27,000ポイント以上が必要なので、それを超える場合にはモッピーのドリームキャンペーンの方がお得になります。

これからポイントを貯めてキャンペーンに参加する場合には、自分が貯めるポイント数を見込んだうえで、どちらのキャンペーンに参加するかを決めると良いでしょう。

どちらのキャンペーンも今からでも間に合います

JALマイルは、ANAマイルに比べると貯めに難いので、日ごろ、ANA陸マイラーを羨みつつJALマイルをせっせと貯めているJAL陸マイラーも多いかと思います。

まさに、私がそうですけど。

そんなJAL陸マイラーを応援するかのようなこの素晴らしいキャンペーンを利用して、しっかりとJALマイルを貯めましょう。

どちらのキャンペーンも、今からポイントを貯め始めても十分に間に合います。

それぞれのキャンペーンでポイントを効率良く獲得する方法をこちらの記事で紹介していますので、参考にしてください。

 <関連記事>